【どこが違う?】スマホのカメラレンズカバーの選び方

カメラレンズカバーは必要ですか?

iPhoneのカメラカバーとは、アイフォンのレンズに装着する専用のフィルムです。iPhoneシリーズの各モデルのカメラの形に合わせて作られいます。衝撃によるレンズの破損や傷を防ぐために必要なアイテムです。

 

レンズカバーは必要ですか? 

iPhone12以降の機種は、本体からかなりカメラが突出したデザインになっています。特に新型スマホは巨大レンズなので、ケースをつけないまま机に置いてみると、本体でなくカメラレンズが地面に触れている事が分かると思います。

iPhoneレンズ出っ張りすぎ


スマホケースを装着しても、カメラレンズを保護することができない場合があります。そのため、最近ではレンズカバーへの需要が高まっています。

カメラレンズカバーが必要ですか?



今回はiPhoneのカメラレンズをどうやって選ぶか、スマホケース専門店のCORECOLOURのスタッフがわかりやすく解説していきます。

 

 

iPhoneのカメラカバー種類

iPhoneのカメラカバーには2パターンあります。

カメラ周辺も保護
カメラ全体割れや傷、ほこりを防ぐものになります。
レンズだけを保護
レンズ傷とホコリだけを防ぐものになります。

 

iPhoneのカメラカバーの選び方!

カメラカバーを選ぶときのポイントは、以下5つ:

  • 露出オーバーを防止してくれる
  • 汚れの場合はふき取るだけで済む
  • 傷や割れが生じたときは交換できる
  • 画質が落ちない、高透明フィルムにする
  • 耐衝撃カメラカバーを選ぶ

 

 

おすすめのカメラレンズカバー

【高透明】画質落ちないカメラレンズ全面保護ガラス

  • 高透明で画質落ちない
  • 装着簡単、ぴったりフィット 
  • 露出オーバーを防止黒枠
  • 表面硬度9Hで傷から徹底ガード
  • 飛散防止加工、万が一の破損にも安心
  • 防指紋加工で清潔を保つ
対応機種:iPhone12 / iPhone12Pro / iPhone 12 Pro Max / iPhone 13 / iPhone 13 Pro / iPhone 13 Pro Max / iPhone 14 / iPhone 14 Plus / iPhone 14 Pro / iPhone 14 Pro Max / iPhone 15 / iPhone 15 Plus / iPhone 15 Pro / iPhone 15 Pro Max

【高透明度】キラキラカメラレンズ保護カバー

  • 高透明度、画質が落ちない
  • 指紋がつきにい
  • キズに強い耐衝撃
  • 露出オーバーを防止黒枠
  • 品質良いラインストーンを使用
対応機種:iPhone 14 / iPhone 14 Plus / iPhone 14 Pro / iPhone 14 Pro Max / iPhone 15 / iPhone 15 Plus / iPhone 15 Pro / iPhone 15 Pro Max