チタン製iPhone15ProMaxの耐久性を検証/iPhoneケース必須?

チタン製iPhone15ProMaxの耐久性を検証/iPhoneケース必須?

アップルから新たに発売されたiPhone 15 Pro とiPhone 15 Pro Max は本体にチタン合金を使用しており従来のiPhoneモデルより軽量化、耐久性の向上に繋がったと称しています。


現在ネット内では一部のYouTubeクリエイターや専門家らがこの新しいアイフォンのチタンボディについて異なる結果を報告しており議論が巻き起こっているようです。

実験を試みた人の中ではiPhone 14 Pro とiPhone 15 Proを同時に落下させ、耐久性を比較しました。

その結果、iPhone 15 Pro の背面ガラスには早い段階で全体的にヒビが入り、さらにテストが進行するにつれて、前面と背面のガラスに損傷が広がり、最終的にはディスプレイの下半分が白くなり、機能停止するという事態が発生したそうです。


この違いは、iPhone 14 Pro の側面が平らであり、地面との衝突時に衝撃を効果的に吸収できる一方、iPhone 15 Pro の側面が丸みを帯びており、衝撃が前面と背面のガラスに広がることが主因ではないかと考察しています。

さらに、有名Youtuberによる別の耐久性テストでもチタン合金ボディの強度に関する問題が浮き彫りになっているようです。


このアイフォンの耐久性を測るテストでは、背面ガラスに対する耐久性は一般的な要求には十分に対応できないことを懸念しています。


iPhoneの本体に使われた素材のチタン合金は非常に強固であるため、背面ガラスに加わる圧力やたわみに対して耐性が不足しているのが原因ではないかとコメントしています。


また別の耐久性テストではiPhone 15 Pro Max をカッター引っ掻いたり、火であぶってみたり、サンドペーパーにかけるなど、の過酷なテストを行っているが、途中までの結果は良好だと発言しています。

チタン素材はナイフで傷が付くが背面ガラスはよく耐えている。


背面カメラも試練をほぼ乗り越え、iPhone伝統の頑丈さを証明しているようです。


しかし、iPhone 15 Pro を両手で折り曲げるだけで突如として異変が起こりました。

わずか数秒でパチンという音が鳴り、背面ガラスはヒビだらけになってしまったようです。


動画では「今回の壊れ方は異常に早かった」と述べています。

ただし、iPhone 15 Pro Max の他の部分はテストに耐えきっているため、ディスプレイもフレームも無傷で壊れたのは背面ガラスだけのようです。


特に、iPhone 15 Pro の本体を折り曲げるテスト中では背面ガラスにヒビが入り、その弱点があらわになっていました。


これらのテストは限られたサンプルに基づいて行われており、すべてのiPhone 15 Pro モデルに同じ問題があるわけではないとは思います。


ただし、新しいチタン合金ボディの欠点が浮き彫りになっており、その耐久性に疑問符が付けられています。


iPhone 本体の強度を高めたことによって背面ガラスの耐久性が追い付いていないような気がします。


 

iPhone独自の美しいデザインを長く保つためにもアイフォン15Proやアイフォン15ProMaxだけでなく、iPhone 15 シリーズ全てのモデルにiPhoneケースをつけることをお勧めします。

 

iPhoneケース本体のデザインはそのままに耐久性を上げたい方はクリアケースがおすすめ

アイフォン15pro max クリアケース

 

もっと見る

 

 

また5Mの高さからの衝撃に耐える耐久性を備えたクリアグリッターケース

 

もっと見る